会社概要

沿革

マンキィヴィッツは、1895年にイギリスの塗料メーカー、ロバート・イングハム社の独立子会社として創設され、クラークとフェリックス・マンキィヴィッツがイギリスのオリジナルレシピに基づいて馬車用の高品質塗料を製造するようになりました。

1930年にオットマー・ J.グラウ氏がこの塗料メーカーをマンキィヴィッツ家の相続人から買い取りし、1970年代以降は現在の社長であるミヒャエル・オットマー・グラウ氏が会社を率いています。.

研究開発部門および近代的な生産ライン設備への投資は、世界中で成長し、成功を収めている弊社ビジネスの基礎になっています。

こうして現在、マンキィヴィッツの社員は世界中で1,300人を超えるまでになりました。